vol.38 デザイナーの声:クリスマス特集

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

街はすっかりクリスマスムードですね〜!
皆さん、クリスマスの準備は進んでいますか?
最近はシュトレン(ドイツのクリスマス菓子パン)をいろんなお店で見かける様になり
シュトレンとワインの組み合わせが大好きな私はうれしい限りです。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
12月なので、クリスマス商品を特集!
クリスマス商品のデザイナー、マイさんハルミさんに
PoLeToKoのクリスマス商品についてお話してもらいました!
___________________________________

マイ
みなさん、こんにちは!
今日は、今年のPoLeToKoクリスマス商品をハルミさんと一緒にご紹介します!

ハルミ
今年も楽しい季節がやってきました〜
それでは、順番にご紹介していきますね。

★  HAPPYクリスマス  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハルミ
今年新登場の「HAPPYクリスマス」シリーズは、
どの子もお腹がふっくらしているのが特徴です。
見ているだけでHAPPYな気持ちになれるシリーズになればと思い制作しました。

マイ
みんなきちんと姿勢良くシュっと立っているのも微笑ましいですよね〜

ハルミ
サンタとスノーマンの帽子が少し斜めになっているのも可愛いポイントなんです!
微妙すぎてわかりずらいかもですね。

マイ
細かい所ですけど、こういうちょっとしたディテールが雰囲気を作るのだなぁと思います。
のんびりと幸せな気分になってきます〜

ハルミ
一番小さなシロクマは、クリスマスが楽しみ過ぎて
トナカイの角が引っ付いたフードをかぶっちゃってます。

マイ
あぁ、かわいい〜〜

ハルミ
シリーズすべてを飾るのはもちろんですが、1種でも、2種でもどの組み合わせでも
クリスマスらしいディスプレイになると思います!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
HAPPYクリスマス/サンタ
HAPPYクリスマス/スノーマン
HAPPYクリスマス/シロクマトナカイ

★  シロクマサンタ  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハルミ
毎年人気のシロクマサンタシリーズの新作ができました!

マイ
プレゼントのリボンがハート型になってる〜!

ハルミ
こんなに可愛いプレゼントを、このシロクマサンタは誰にあげるんだろう?と
自分でデザインしておいて、想像して楽しんでいます☆

マイ
シロクマサンタシリーズは、ひもで繋がっているそりを動かせるので、
いろいろなシチュエーションを思い浮かべる事ができて楽しいですよね。

ハルミ
もう一つはソリにサンタがちょこんと乗ってます。
サンタがサンタを連れています 笑

マイ

ハルミ
プレゼント、サンタ。
どちらもニッコリできるデザインになってよかったなぁと改めて感激しています!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
シロクマサンタ/ハートプレゼント
シロクマサンタ/サンタ

★  なみなみクリスマスツリー  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイ
針葉樹の森に雪が降っているところをイメージしました。
ちょっと大人っぽく落ち着いた雰囲気に仕上がりました!

ハルミ
どのクリスマス商品と組み合わせても、相性が良いと思います〜

マイ
そうですよね。
サイズを変えて、ツリーだけをずらっと並べるのもかわいいのでオススメですよ。

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
なみなみクリスマスツリーM/グリーン
なみなみクリスマスツリーL/グリーン

★  クリスマスぽれぽれ  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイ
毎年人気のクリスマスぽれぽれシリーズ! 今年はこの5種類です。
白い部分は木目が見える薄さで塗っているので、木の質感が伝わって来ます。

ハルミ
毎年、「今年はどの子がクリスマスバージョンになるのかな?」と楽しみなんです〜

マイ
この水玉帽子をかぶっている姿がどこか誇らしげに見えて来ます!

ハルミ
みんな、水玉の帽子が本当に良く似合っていますね。

マイ
クリスマスギフトにちょこんと添えてもらえると嬉しいです!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
クリスマスぽれぽれ/バク
クリスマスぽれぽれ/カメ
クリスマスぽれぽれ/ネコ
クリスマスぽれぽれ/アキタイヌ
クリスマスぽれぽれ/クジラ

PoLeToKo Online Store、PoLeToKo店頭では、以前のクリスマスぽれぽれも販売中! ↓
クリスマスぽれぽれ/リス
クリスマスぽれぽれ/ペンギン
クリスマスぽれぽれ/ポニー
クリスマスぽれぽれ/キリン
クリスマスぽれぽれ/ロバ

___________________________________

マイ
いかがでしたか?
PoLeToKoのクリスマスは、木の柔らかさが伝わって来る商品ばかりです、
クリスマスの温かな雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。

ハルミ
何とも言えないやさしいお顔の商品ばかりです。
大事な方へのプレゼントに。
1年頑張った自分へのプレゼントにいかがでしょうか?

手作りなので、それぞれちょっとずつ表情が違うのも魅力的です!
お近くにお越しの際は、ぜひPoLeToKo店頭でご覧くださいね。

poleclm_38_05

vol.37 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:イヌ、ネコ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

日に日に冬らしくなっていくこの頃ですね。
昨日の夜、どこからか「や〜きいも〜〜」と焼き芋を売る声が聞こえて来ました。
みなさまいかがお過ごしですか?

本日のぽれぽれコラムは、11/6日曜日に開催した
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ

___________________________________

今回のお題は「イヌ」または「ネコ」。
第1部・第2部の2回開催しました。

「イヌ」「ネコ」は以前にもワークショップをしたことがあったんですが、
前回のワークショップ時に
「ほんとはイヌがやりたかったんです!」「ネコの時、満席で参加できませんでした」
などのお声を頂いていたので、今回は「イヌ」「ネコ」に決定し、
ご予約の時に選んで頂くことにしました。

まず、ぽれぽれ動物の材料である木「ファルカタ」についての説明からスタート!

制作過程の流れを見て頂いたあと、作業開始です。

poleclmn_37_1

彫る時にできた表面のでこぼこを数種類の紙やすりを使ってなめらかに整えていきます。

1,2部とも小学生のお子さんが参加されていましたが、
特に塗りの行程での集中力が素晴らしかったです!
紙やすりの行程では力がうまく入らなかったのかお母さんに手伝ってもらっていましたが
塗りの行程に入ると、自分の思ったデザインを表現しようと頑張っていました☆

他の参加者の方の塗り方に興味を持ったり、1階PoLeToKoに何かを見に行ったり、、
いろいろ情報を集めに動いているのが印象的でした。
自主的に楽しんで参加してくれていて、嬉しくなりました。

poleclmn_37_3

ぽれぽれ動物を作成する時に、みなさん一番緊張(?)されるのが「目」の塗装。
目の位置やデザインでガラリと印象が変わるので、一番集中する瞬間です。
見ているこちらも息が止まるほど・・・

おすすめは、竹串の尖っていない方に絵の具を付けて、ハンコのように軽く押すときれいな丸が描けます。
予想と違ったとしても、修正できる場合が多いのでどんどんチャレンジして欲しいです!!

poleclmn_37_4

そして、完成!!

作品は透明な袋でラッピングしてお渡ししています。
PoLeToKoオリジナルの飴ちゃんつき♪

終了後のアンケートでは、
「むずかしかった所もあるけど絵の具をぬる所が楽しかったです」(小学生の女の子)
「またやりたいです」(小学生の男の子)
「2時間で素敵な作品が出来たので、また他の動物もしてみたいです」
「毎回とても楽しいです!」
「とても楽しかったです!久しぶりに筆を作って色を塗れて充実した日になりました。」
「念願の猫ちゃんが作れたので楽しかったです」
「アキタイヌやりたくて待ってました♡また参加させてください」
などなど、嬉しいお声を頂きました!

また、今後のワークショップで作ってみたい動物のリクエストも頂きました!
「ぽれぽれ動物」はついつい仲間を増やしたくなるんですが、
ワークショップで作ったオリジナルのぽれぽれ動物を増やしていくのも楽しそうですね。

3姉妹で参加された方、親子、お一人さまと
みなさん、それぞれの想いを込めて制作されていました☆
お話を伺うと、いろいろとこだわりがつまっていて、、
できあがったみなさんのオリジナルぽれぽれ動物は、
縁起が良さそうな色合いや、ふんわりやさしいお顔ばかりでした。

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください!

☆(Facebook アルバム)

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのも
ワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。
スタッフともども楽しい時間を過ごさせて頂き、みなさんありがとうございました!
___________________________________

ちなみに。
作業終了後のお茶の時間にお出しした「店長オススメスイーツ」は、
「ペリ亭」さんのバターケーキとクッキーのセットでした!

☆ ペリ亭(食べログのページ)

集中した後のスイーツは体に染みます〜
ペリ亭さんはケーキもとても美味しく、個人的に大好きなお店でオススメです☆

poleclmn_37_2
___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

ぽれぽれワークショップは年3回開催しています。
Facebookや店頭などでお知らせをしますので、チェックしてみてくださいね!
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができ、
初めての方も、リピートの方も楽しんでいただけるワークショップです。
みなさまのお越しをお待ちしております!!

vol.36 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ナマケモノ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

「そっか、もう11月なんだ・・・」と、毎年思うんです。時間が経つのは早いですね。
秋だなぁと思っていたところなのに、もう冬がやってきますね。
冬を待っているこの時期の、毛布を干したり暖かい服を引っ張り出したりする冬支度が好きです。
旅行の準備を旅支度と言ったりもしますよね。
あれこれ考えながら、準備している時間も楽しんで過ごせたらと思います。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ナマケモノのデザイナー、マイさんに聞きました。
__________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・ナマケモノ」をご紹介したいと思います。
マイさん、よろしくおねがいします。

マイ
よろしくおねがいします。

店長
なぜ「ナマケモノ」を作ろうと思ったんですか?

マイ
特徴がはっきりしているので、ぽれぽれ動物で作れるんじゃないかな?と以前から気になっていた動物でした。しばらくあれこれ考えていたんですが、商品化できずにいました。

店長
ぽれぽれ動物ナマケモノは、独特の形をしていますよね。

マイ
いつだったか、ゆらゆらと木にぶら下がっているナマケモノをテレビで見て、これだ!!と、シルエットが浮かんだんです。それがこの形です。

poleclmn_36_2

店長
木にぶら下がっている時間が長いナマケモノらしさが出ていますよね。

マイ
そうなんです!ぶらさがっていないとナマケモノにならないよなーと。背中の面で立つ状態なら作れる!と思いつき、すぐ近くにあった紙に鉛筆でシルエットを描いたのを覚えています。

店長
今までのぽれぽれ動物にはなかった形ですが、製作にあたり大変ではありませんでしたか?

マイ
まず、実際に製作できるかどうか心配でした。でも、鉛筆で描いた絵をもとに模型を作ってみた時に「これは作る事ができるんじゃないか?」と感じることができたので、デザインを進めて行きました。

店長
ふむふむ・・

マイ
工房の職人さんが頑張ってくれて、さっと試作ができあがってきたんです。感動しました。販売開始前の出張の時に、製作中の工房で並んでいる所を見た時も、とても感動しました。

poleclmn_36_2

店長
そうだったんですね・・産まれる瞬間は「感動」なのですね。

マイ
はい。ぽれぽれ動物ナマケモノは商品として出来上がった事がとても嬉しかったです。ちょうどぽれぽれ動物10周年の年に販売開始でしたし、自分の中でもブレイクスルーした瞬間を実感できたからだと思います。

店長
やりがいを感じる瞬間ですね。

マイ
そうですね。ぽれぽれ動物をデザインしていて幸せなのは、ころんと手のひらに乗る感触を感じられる事です。平面で描いたデザインが立体になり、手のひらの中に現れる過程は本当に楽しいです。

店長
現在45種類あるぽれぽれ動物が、それぞれこうして産まれて来たかと思うと感慨深いですね。お客様に、ぽれぽれ動物と出会う幸せをもっと感じてもらえるお店づくりをして行きたいなと思いました。

マイさん、本日もありがとうございました!

poleclmn_36_3

vol.35 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ペリカン

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

しとしと。雨模様が続くのは秋らしいといえばらしいのですが
高い空にうろこ雲、そんな秋空が恋しいです。
毎年、あっという間に過ぎてしまう秋。
文化に触れ美味しいご飯を頂き、めいっぱい楽しみたいですね。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ペリカンのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
__________________________________

店長
今日は、ぽれぽれ動物ペリカンについてお話したいと思います。
ハルミさん、よろしくおねがいします!

ハルミ
よろしくおねがいします!

店長
ぽれぽれ動物ペリカンを作る時に、こだわったポイントはどこですか?

ハルミ
ぽれぽれ動物のペリカンは「コシグロペリカン」という種類のペリカンなんですよ。
腰の部分が黒いからこの名前がついたんだろうなーと1人でニヤニヤしながら制作を楽しんでいました。

店長
そう言われてみると、ペリカンの腰から下、黒い!!

ハルミ
他のスタッフも知らないエピソードです。

店長
私も初耳でした〜!

poleclmn_35_1

ハルミ
ぽれぽれ動物の種類は最終的に打ち合わせで決定するんですが、1人で楽しんでるポイントも結構あるんですよ。

店長
そうですよね。最初の候補を何にするかはデザイナーのお二人に託されているとか。

ハルミ
打ち合わせの場に出すまで検討研究しているうちに、どんな動物も魅力的なポイントがみつかるんですよ。ペリカンは、後頭部のとんがりがお気に入りです!

店長
おお〜!

ハルミ
ちなみにコシグロペリカンの生息地はオーストラリアなのでカンガルーに続きオーストラリアの動物が増えて喜んでもいたんですよー。

店長
やっぱりペリカンについて、詳しいですね〜!

ハルミ
はい。自然と詳しくなっていくんですよ。なので、テレビに映ったり動物園で見ると、愛おしくてついじーっと見入ってしまいます。笑

poleclmn_35_2

店長
ところで、オーストラリアと言えば、コアラですよね!

ハルミ
はい。ぽれぽれ動物の仲間にもコアラはいたんですけど、訳があって廃盤になりました。ぽれぽれ動物は全て手作りなので、製作上の理由から継続が難しく廃番になったり、デザインを少し変えて復活することもあります!

店長
またいつかコアラも復活できたらいいですね☆

ハルミ
もしかしたら、みなさんのお手元にあるぽれぽれ動物もレアで貴重な「ひとつ」になるかもしれません。

店長
そう思うと、ひとつひとつのぽれぽれ動物に更に愛着が湧きますね。
ハルミさん、今回もありがとうございました!

poleclmn_35_3

vol.34 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ウシ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

暦の上では秋のはずなのですが、まだまだ毎日暑いですね。
皆様いかがお過ごしですか?
レジャーの季節が始まりますね。今年の秋はどこに行きましょうか?
もう少し涼しくなったら、牧場に出掛けのどかな休日を過ごすのも良いかもしれません。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ウシのデザイナー、マイさんに聞きました。
___________________________________

店長
今日は、ぽれぽれ動物ウシについてお話したいと思います。
マイさん、よろしくおねがいします!

マイ
よろしくおねがいします!

店長
ぽれぽれ動物ウシを作ろうと思ったきっかけは何ですか?

マイ
みんなが知っている動物ってなんだろう?と考えた時に、牧場の風景が浮かんだんです。実はウシがいない!ということに気付き、ウシを作る事になりました。

店長
ウシは干支のひとつでもありますね。

マイ
そうなんですよね。灯台もと暗しだなーと思いました。

POLECLM_34-2

マイ
デザインを考える行程で、最初は資料を見ながらこういったスケッチを描く事が多いんです。この段階から、それぞれの動物のチャームポイントを探って行きます。ウシの場合は、おしりが角張っていて、ここがデザインの要になるなーと思いました。

店長
本当だ! ウシのおしりは丸いと思っていました!

マイ
私もそうでした。笑

POLECLM_34-1

店長
ウシってなんとなくのどかな風景が浮かびますよね。

マイ
そうですよね。青い空、白い雲、と言うイメージです。からだの模様も、雲のようにしようと思い、こうなりました。どっしりした雰囲気が良いなと思い、サイズもきもち大きめにしてあります。

店長
なるほど〜 そういった細かいディテールやサイズ感が考えられているんですね。

マイ
どこをどれくらいディフォルメするかのさじ加減でいつも迷います。ディフォルメしすぎるとナニモノかわからなくなってしまいますし、リアルすぎるとぽれぽれ動物らしさがなくなってしまうので。。社内であれこれ相談しながらデザインを進めているんですよ。

店長
お店で選ぶ時も、無意識だけどそこを見て選んでいるのかもしれませんね。

マイ
はい。無意識に見てもらえていると思うんです。手に取った時には、ただただ「かわいい」「気になる」と感じてもらえたら嬉しいです。

店長
そうですね。まず「わぁっ」という楽しい気持ちになってもらえるようなお店作りを私も頑張ろうと思いました。
マイさん、本日もありがとうございました!

POLECLM_34-3

vol.33 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 カンガルー

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

かき氷が恋しい季節ですね。皆様いかがお過ごしですか?
お盆休みまであと少し。
今年は長期休暇になる方も多いのではないでしょうか?

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・カンガルーのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
___________________________________

店長
今日は、ぽれぽれ動物カンガルーについてお話したいと思います。
ハルミさん、よろしくおねがいします!

ハルミ
よろしくおねがいします!

店長
ぽれぽれ動物カンガルーを作った際のエピソードは何かありますか?

ハルミ
実は、カンガルー、とっても作りたかったんです~

店長
なぜですか?

ハルミ
それは、、かわいいカンガルーアイテムに出会った事がなかったからなんです!笑

店長
う〜ん、そうですね。例えばゾウやウサギの動物アイテムはたくさんあるけどカンガルーはそもそもアイテム自体が少ないですしね。

ハルミ
そうなんです!! 以前にオーストラリアに旅行した時も、カンガルーのお土産ものを楽しみにしていたんですが、ぬいぐるみも可愛くないし、どれも購入には至らず残念だった思い出があるんです。

店長
あんなに特徴があって、可愛いのにどうしてでしょうね^^;

ハルミ
なので、ぽれぽれカンガルーが完成したときの喜びは今でも覚えています^^
同じニッコリ顔でも、美人さんやおとぼけ顔がいて笑えますよね。

POLECLM_33_1

店長
それぞれとてもいいお顔をしていますよね。

ハルミ
よく見ると、ぽれぽれ動物カンガルーにはポケットがちゃんとあるんですよ!
個人的にはこのポケットから子供の耳とか出したかったんですが、デザインが複雑になると制作上問題が起こりやすくなるのでやめました。笑

店長
そうだったんですね!確かに、このポケットから耳やしっぽがちょこんと出ていたらかわいいなぁ。。

POLECLM_33_2

店長
カンガルーは彫りがとっても複雑ですよね。

ハルミ
特に足から尻尾の彫りが複雑なので、どこから彫り始めるんだろうと工房でいつもまじまじと見ているんですが、まだわかりません。笑 今度機会があったら職人さんに聞いてみようと思っています。

店長
ハルミさんのカンガルー愛が伝わって来ました。。楽しいお話をありがとうございます!
また、いろんなぽれぽれ動物のお話聞かせてくださいね。

ハルミ
ありがとうございました!

POLECLM_33_3

vol.32 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:キリン

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

梅雨、明けましたね!今年も本格的に夏がやってきました!!
先週末は、3連休の方も多かったのではないでしょうか?

本日のぽれぽれコラムは、7/18海の日に開催した
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ

___________________________________

今回のお題は「キリン」。

ぽれぽれ動物キリンの粗彫りをやすりがけ・塗装し
オリジナルのぽれぽれ動物に仕上げます。

今回は同じ内容で第1部・第2部の2回開催しました。
遠方からご参加頂いた方も。。ありがとうございます!!

まず、ぽれぽれ動物の材料である木「ファルカタ」についての説明からスタート!
切り抜く前の下書きが書いてある板には「おぉっ!」とどよめきがありました。
制作過程の流れを見て頂いたあと、作業開始です。

POLECLM_31_1

ぽれぽれ動物キリンは足の間や小さな耳の裏など細かい部分が多く、
やすりがけが難しいかも?と考えていたんですが、みなさんちゃくちゃくと作業が進みました。

POLECLM_31_2

ネイルアート用の筆や、お化粧用のアイブロウチップを持参されている方もいらっしゃいました。
どんな作品が生まれるのか、私達スタッフもワクワク♪

POLECLM_31_3

そして、完成!!

作品は透明な袋でラッピングしてお渡ししています。
PoLeToKoオリジナルおさるの飴ちゃんつき♪

どの方向から見ても楽しめそうな、細かい模様が描いてあったり
双子の様な作品もあったり。力作揃いです!!

POLECLM_31_5

終了後のアンケートでは、
「思っていたより難しかったけど楽しかった」
「大人げなく集中してしまいました」
「すっかり癒されました」
などの嬉しいお声を頂きました!

今回は小学5年生のお嬢様+お母様、2組が参加してくださっていたのですが、
やすりがけを交代しながら進めたりして、
親子でひとつのものを創るお手伝いができて良かったな〜と感じました。
会場の「2nd SPACE KOBE」は、ちょっと階段が急なのですが、
2階まで登ってしまえばフラットな空間なので、もっと小さなお子様にも
気兼ねなく参加いただけるといいなと感じました。

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのも
ワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。

ワークショップ終了後にPoLeToKoに寄ってくださったお客様も多く…
たいへん暑い中お集り頂き、皆さんありがとうございました!

___________________________________

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください!

☆(Facebook アルバム 第1部)

☆(Facebook アルバム 第2部)

___________________________________

ちなみに。
作業終了後のお茶の時間にお出しした「店長オススメスイーツ」は、
「Gateaux Favoris(ガトーファヴォリ)」さんの焼き菓子でした!

☆ Gateaux Favoris(ガトーファヴォリ)

焼き色が見事なさくさくのガレットと、かわいい動物型のバターサブレです☆

POLECLM_31_4

___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

次回ワークショップの開催時期は未定ですが、Facebookや店頭などでお知らせをします。
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができますので、ぜひ一度ご参加くださいね!

vol.31 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 カメ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

夏至も通り過ぎたこの頃。みなさまいかがお過ごしですか?
先日、キュウリを丸かじりしたくなり、洗ったあと何もつけずに食べてみたんですが、
瑞々しく旨味も強く「キュウリってこんなに美味しかったっけ?!」と思いました。
季節は刻々と移り変わって行きますね。本格的な夏ももうすぐです!

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・カメのデザイナー、マイさんに聞きました。
___________________________________

店長
本日はぽれぽれ動物、カメについてお話したいと思います。

マイ
よろしくおねがいします! 

店長
制作する際に苦労した点などはありますか?

マイ
甲羅の模様をどう表現しようか試行錯誤を重ねました。最終的に模様の線を彫りこんだ状態で完成となりましたが、まさかこの状態で商品化できるとは思っていなかったので、最初の試作が仕上がって来た時はびっくりしましたよ。

店長
へぇ〜〜 そうだったんですね。職人の技術力、ですね。

POLECLM31_1

マイ
はい、本当にそうなんです! カメの甲羅の模様は、隣同士に関連性があるので難しいと思うんですが・・

店長
前から思っていたんですが、バリ島の職人の皆さんってめちゃくちゃ器用ですよね。

マイ
本当に器用だな〜と工房に行く度に感じますよ。目の前でさくさく彫ったり塗ったりしている様子は「見事!」の一言です。しかもそれを見せびらかしたりせず粛々と作業を進めていて・・日本人に近い職人魂を感じます。

店長
そうなんですね〜!

マイ
先日の出張時に、ぽれぽれ動物よりサイズの小さい、ぽれぽれ干支やぽれぽれストラップを担当している彫り職人さんにお会いする事ができたんですが、がっしり体系のどちらかというと大柄な男性だったんです!

店長
ええ〜〜!体格のいい職人さんが小さめの商品の彫り担当とは!意外です。

マイ
そうですよね。手も指もがっしり系で、この手で小さめの彫りを作っているんだと思うと驚きでしたよ。

POLECLM31_2

店長
やっぱりカメは海が似合いますね〜

マイ
バリ島の海辺で撮影してきました。「カメ、バリ島の海に還る」です。

店長
これからの季節にぴったりですね! カメは、PoLeToKoでは特に子ども達に人気ですよ。

マイ
手のひらに乗せるとコロンと納まりのいい感じが個人的にも気に入っています。大事にしてもらえると嬉しいなぁ。

店長
マイさん、本日もありがとうございました!

POLECLM31_3

vol.30 デザイナーの声:ぽれぽれ親子セット イノシシ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

ついこのあいだG.W.だったはずなのに、いつの間にかアジサイが咲き始め
雨も多くなってきていて、梅雨ももうすぐだなぁ。。と、今朝ふと思いました。
今年の梅雨は何をしようかな? この季節ならではの楽しみ方をみつけていきたいものです。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ親子セット・イノシシのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
___________________________________

店長
本日は今年2月に販売開始したぽれぽれ親子セット、イノシシについてお聞きします!

ハルミ
よろしくおねがいします!

店長
イノシシ親子セットを作る時にこだわったポイントはありますか?

ハルミ
イノシシだけではないんですが、ぽれぽれ親子セットをデザインする時に気をつけているのは、親子で同じデザインにするのではなく変化をつけているところです。

店長
あっ!そう言われてみると・・他のぽれぽれ親子セットでもそうですね。

ハルミ
そうなんです。ただサイズを変えるだけでは面白くないので、毎回試行錯誤しています。明らかに親と子で姿が違う種類はいいんですが、シバイヌやシャムネコは親も子もほぼ同じなので、悩みました。よく見ると微妙に違うんですよ。

店長
そうなると、イノシシは作りやすい方ですね!

ハルミ
はい。イノシシは模様が違いますし、親にはキバがあるし、わかりやすい違いがあるので制作しやすかったですよ。

店長
他に、制作して行く上で気をつけた点などはありますか?

ハルミ
試作が完成してから子がコロコロと転がりやすいことに気づき、その時はヒヤッとしました!

店長
というと・・?

ハルミ
試作が届くまで何度もメールや画像でチェックをしているので、手元に届くときは、ほぼ完成状態なんです。なので、それからまた修正となると大変なんですよ〜

店長
なるほど・・

ハルミ
足を少しやすりがけする修正だけで完成させることができたので、ホッとしました。

POLECLM_30_2

店長
いきなりですが、イノシシ親って握りやすくて好きなんです^^ 背中のギザギザがツボ押しになるかも?とかいろいろ考えて一人で楽しんでいます。

ハルミ
ぽれぽれ親子セットの楽しみ方はやはり、いろんな置き方が出来ることですよね〜。寄り添っていたり、お話しているように見えたり、子を微笑ましく親が見つめていたり。

店長
親の上に子が乗ったり・・・笑

POLECLM_30_1

店長
親子セットはもっと増えたらいいなぁと思っているんですが、今後の予定はありますか?

ハルミ
海にいる生き物でぽれぽれ親子セットがあったらかわいいなー など、あれこれ考え中です。

店長
そうなんですね。今後の新作も楽しみにしています! 
ハルミさん、今回もありがとうございました。

POLECLM_30_3

vol.29 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ブルドッグ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

風薫る5月。いかがお過ごしですか?
初夏と言っても違和感のない気候が続いていますね。
こどもの日にちまきや柏餅を食べた方も多いのではないでしょうか?

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物ブルドッグのデザイナー、マイさんに聞きました。
___________________________________

店長
本日は今年2月に販売開始したぽれぽれ動物、ブルドッグについてお聞きします!

マイ
よろしくおねがいします!

店長
ブルドッグを作ろうと思ったきっかけは何ですか?

マイ
しわしわっとした顔がかわいいなぁ、というシンプルな理由です。笑

店長
制作するにあたり、苦労した点などはありますか?

マイ
全体のカタチが一番難しかったです。どうしたらブルドッグらしくなるか何回も模型を作り直し図案を書き直し、いろんな人に見てもらってダメ出ししてもらって、やっとこのカタチにたどりつきました。

店長
顔がしわしわっとしているところも良く出ていますよね。

POLECLM_29_2

マイ
デザインに入る前に資料を集めていた段階では、もっと凶悪な感じをイメージしていたんですよ。

店長
凶悪! ぽれぽれ動物とちょっと遠いイメージですね。

マイ
そうなんです。笑 でも、模型を作ったり図案を描き始めたらどんどんぽれぽれらしくなっていって、顔はすぐに決まりました。

店長
へぇ〜 そういう事もあるんですね。おもしろい。「ぶさかわいい!」とPoLeToKoでもお声を頂きました!

マイ
嬉しい感想です. . . 「やったー!」という感じです。お客様の声を聞くまでは、自分ではかわいいと思って進めていても、これでいいかなぁ?とどこか不安なんです。

POLECLM_29_1

展示会でバイヤーの皆さんに見てもらって少し安心し、実際にお買い上げになったお客様の声を聞いてやっと、ホッとするというか肩の荷が下りると言うか、そんな感覚があります。

店長
そうですね。やはり実際に感想のお声を頂くと何より嬉しいですね。

マイ
そうですよね。

店長
これからも、みなさんの気持ちが柔らかくなるようなぽれぽれ動物をお届けして行きたいですね。

マイ
はい!かわいいぽれぽれ動物をお届けできるようがんばろう!と思います。

店長
マイさん、今日もお話ありがとうございました!

POLECLM_29_3

ぽれぽれ動物にまつわるコラム