vol.51 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:ハロウィン

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

大きな台風二つと一緒に、あっという間に10月とハロウィンが通り過ぎていきました。
秋がどんどん深まっていますね。みなさまいかがお過ごしですか?

先日テレビで見て初めて知ったんですが、ぽれぽれ動物を作る際に欠かせない「紙やすり」。
ざらざら面は、宝石のガーネットが材料の一部に使われているのだそうです!
それであの赤茶っぽい色なんですね。またひとつ勉強になりました。

本日のぽれぽれコラムは、ハロウィンスペシャル☆
ワイワイ賑やかに開催された「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ 

POLECLM_51_1
___________________________________

今回は2017年10月29日(日)、30日(月)の2日間、計2回 開催しました。

ワークショップ1日目。
台風上陸の予報。朝は風雨ともに強かったのですが午後3時時頃から次第におさまり・・
キャンセルされる方もなく、7名にご参加頂きしました。
足下の悪い中お集り頂き、本当にありがとうございました。

ワークショップ2日目。
前回から始まった平日開催。5名にご参加頂きました!

今回のワークショップでは「リス、ハリネズミ、カメ、ネコ、ウサギ」の5種から
ご予約の時にお好きな動物を選んで頂きました。

まず「ぽれぽれ動物の木のお話」からワークショップがスタート!
初めてご参加の方も多く、うんうんと聞いてくださっていました。
「ぽれぽれ動物の製作過程」と「ワークショップの流れ」の説明が終わると、
いよいよ作業開始です!

POLECLM_51_2

彫りあとの残っている「粗彫り」の状態から、
細かさの違う数種類の紙やすりを使い、つるんとなるまで「やすりがけ」をしていきます。
皆さん、細かい箇所もつるつるになるまで仕上げてくれていました。

この場で初めて会った参加者さん同士でお話されたりしながら作業が進みます。
わからない点は都度質問を頂きながら、ゆっくりペースで進行しますので「できるかなぁ?」と心配な方もぜひ参加してみてくださいね!

1日目には小学生の姉弟が来てくれたんですが、やすりがけ作業はお母さんがお手伝い。
お母さんがせっせと作業しているとなりで、弟くんが「はやく色塗りしたい!」とそわそわしていたのが印象的でした。

POLECLM_51_3

続いて、ポスターカラーやお持ち頂いた画材、材料などを使って「色づけ」していきます。

それぞれのぽれぽれ動物のシルエットが描いてある下書き用シートも準備しています。
まず下書き用シートに描いてみる方、そのまま本体に着色開始される方など様々です。
最初に筆を置く瞬間は躊躇されていても、描き始めるとスイスイ筆が進んでいました。

POLECLM_51_4

POLECLM_51_5

今回も、PoLeToKoでも取り扱いをしている「ぽれぽれコモノ」「ハロウィンオブジェ」などを自由に使って頂ける撮影コーナーを作りました。
完成したかわいいぽれぽれ動物たちが続々と並んでいました。

POLECLM_51_6

作業終了後は、のんびりお茶とスイーツの時間。
神戸須磨月見山にあるSweet Clown(スイーツクラウン)さんのアーモンドクリームのバターケーキとかぼちゃのクッキーです。
毎回、今回はこれ!とオススメを準備させて頂いているんですが、喜んで頂けて良かったです☆

出来上がった「世界にひとつしかないぽれぽれ動物」はラッピングし、お渡して終了しました。
今回はハロウィンなので「ぽれぽれアメ5個とシール」のおまけつきです!

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください〜

= Facebook アルバム 10/29 =

= Facebook アルバム 10/30 =
___________________________________

「やすって作るのが楽しそうで参加したけど、デザインのアイデアがなかなか思い浮かばない〜」とおっしゃっていた方も「愛着がわくね〜」とお話されて終わられていました。

ワークショップ終了後、1階PoLeToKoに寄って「むずかしかったけど楽しかった〜」と作ったぽれぽれ動物をニコニコと見せてくれたり、お買い物してくださったり。
ワークショップを通じて「ぽれぽれ動物」の世界が皆さんに伝わっているなぁと毎回感じています。
改めて魅力に気付いたり、頂いた質問からまた勉強したりと私達スタッフにとっても貴重な場となっています。

「ぽれぽれ動物」を「PoLeToKo」をもっと身近に感じ、もっと好きになってもらえたら嬉しいです。

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのもワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。
ご参加のみなさん、ありがとうございました!!
___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

ぽれぽれワークショップは年3回開催しています。
Facebookや店頭などでお知らせをしますので、チェックしてみてくださいね!
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができ、
初めての方も、リピートの方も楽しんでいただけるワークショップです。
みなさまのお越しをお待ちしております!!

vol.50 デザイナーの声:ハロウィンオブジェシリーズ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

秋を感じるこのごろですね。
今年の秋は、何年も前から欲しかった蒸篭(せいろ)を手に入れました!
さつま芋の和菓子「鬼まんじゅう」をほぼ毎日せっせと作っています。
お鍋+蒸し板で作っていた頃に比べて、べたべたせずふかふかに出来上がります。
竹製品ってすごいな〜 蒸篭を考えた昔の人ってすごいな〜 と感心しきりです。
お手入れも意外と簡単。さっとすすいで、風通しの良い場所に干す。それだけです。
「鬼まんじゅう」は冷めても美味しいので、お月見やおでかけのお供にオススメですよ。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
「ハロウィンオブジェシリーズ」のデザイナー、マイさんに聞きました。
________________________________

店長
今回ご紹介するのは「ハロウィンオブジェシリーズ」です。
マイさん、本日もよろしくお願いします。

マイ
街中にもハロウィンの飾りが目立つようになりましたね。「ハロウィンオブジェシリーズ」は、どこを探しても「いい!」と思えるハロウィンの置物がなかったので、企画がスタートしました。

店長
そうだったんですね!

POLECLM_50_1

マイ
まず、自分が欲しいハロウィンの置物はどんな感じ?と考えたら、あっという間に出来上がりました。

店長
ぽれぽれ動物コモノシリーズに似ていますが、サイズがちょっと大きくて彫り模様も入っていますね。

マイ
そうなんです。最初、ぽれぽれ動物コモノシリーズと同じくらいのサイズで考えていたんですが、なんとなく物足りなくて。ちょっと大きくして彫り模様も加えたらちょうどいいサイズになって、これひとつだけ置いても絵になる雰囲気になりました。

POLECLM_50_2

店長
クロネコと飾るといっそうハロウィンらしさが出ますね〜。

マイ
はい。一緒に飾るなら、やっぱり「ぽれぽれ動物クロネコ」がオススメです!

店長
他にオススメの飾り方はありますか?

マイ
林檎、梨、柿、ぶどうなど秋を感じる果物や野菜が似合います。一緒にかごに盛ってもかわいいと思いますよ。

POLECLM_50_3

店長
ハロウィンは子どもたちが楽しむイベントというイメージがありますが、こんな置物があったら楽しんでもらえるんじゃないかな?と思います。

マイ
そうなんですよ。秋を楽しむエッセンスとしてハロウィンを取り入れてみてもらえたら嬉しいです。

店長
いつもと違う飾り方ができそうですね!
マイさん、本日もありがとうございました。
 
 
 

ハロウィンオブジェ おばけ 700円(税抜)
ハロウィンオブジェ かぼちゃ 700円(税抜)
ハロウィンオブジェ こうもり 700円(税抜)
ハロウィンオブジェ 3個セット 2000円(税抜)

 ↓ 商品のご購入はこちらからどうぞ

POLECLM_50_4

vol.49 デザイナーの声:ぽれぽれ親子セット サル

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

9月に入り、PoLeToKo実店舗もいつもの雰囲気になってきました。
夏休み期間中はPoLeToKo実店舗にもたくさんの子どもたちが来てくれました。ありがとうございました!
玩具ではないんですが「ぽれぽれ動物」は子ども達に大人気です。
じっと見つめる子。手に取って離さない子。。
ぽれぽれ動物は手触りも魅力なので、ぜひ大人のみなさんも「ぽれぽれ動物」にどんどん触れ、
柔らかい木の感触を味わって頂きたいなと思っています。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
「ぽれぽれ親子セット サル」のデザイナー、ハルミさんに聞きました。
________________________________

店長
今回ご紹介するのは「ぽれぽれ親子セット サル」です。
ハルミさん、本日もよろしくお願いします。

ハルミ
この顔。見ているだけで力が抜けますよね 笑 親子サルを見るたびに吹き出してしまいます~。

店長
作ろうと思ったきっかけはありますか?

ハルミ
「ぽれぽれ親子セット サル」という商品名ですが、モデルはピグミーマーモセットというおサルさんなんです。赤ちゃんが人の指に引っ付いている画像を見て心を奪われました。

店長
指にひっつけるくらいのサイズなんですね〜

ハルミ
はい。実は・・・赤ちゃんは親子サルの親くらいのサイズなんです~!

店長
ええっ!本当にこんなに小さいんですね。

ハルミ
世界最小でとってもかわいいんですよ。 大人で体長が11~15cmくらい。赤ちゃんはさらにちっちゃい^^ 「ピグミーマーモセット 赤ちゃん 画像」で検索したらでてきますので、ぜひ見てみてください。

店長
(検索して)わ〜〜〜 小さい〜〜 かわいい〜〜!

POLECLM_49_1

ハルミ
まさしく、こんな感じ。笑
指のあいだに挟み「あ〜ピグミーマーモセットの赤ちゃんってこんな感じなんだ〜」って感じてもらえる様に、両手と両足の隙間を開けたんです! 残念ながら指にぴったりとは引っ付かないのですが、模型作製の時から1人で楽しんでました^^

店長
なるほど、そういった意図のあるデザインだったんですね。これは、ぜひみなさんに体感してもらいたいですね!

POLECLM_49_2

ハルミ
親子サルは向かい合わせで置いても、背中合わせで置いてもかわいいのがポイントです。

店長
こうやって置いてみると、いろんな台詞が頭に浮かびますね。なんとも微笑ましい表情をしています〜。

ハルミ
ひとくくりにサルと言ってもいろんな種類があるので「ぽれぽれ動物」にもいろんなサルの仲間が増えたら楽しいでしょうね。

店長
そうですね!そのうちに「ぽれぽれ動物」がサル園みたいになったりして・・笑
ハルミさん、今回もありがとうございました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.48 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 オオカミ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

もうすっかり夏ですね。皆さまいかがお過ごしですか?
先日、あるお店で頂いたかき氷に「ミルクケーキ」が乗っていました!
ミルクケーキってどこに売っているんだろう?
何年ぶりかわからないくらいに食べたその味に
なんともいえない「懐かしさ」を感じました。

「懐かしさ」はどこからやって来るんでしょうか?
夏の夕暮れ時、カナカナと鳴くヒグラシの声。
子どもの頃、そんな情景から感じた「懐かしさ」は今も変わらず残っています。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
「ぽれぽれ動物 オオカミ」のデザイナー、マイさんに聞きました。
________________________________

店長
本日は、2017年の新作「ぽれぽれ動物 オオカミ」についてお話したいと思います。

マイ
よろしくおねがいします!
オオカミは、以前から作りたかった動物だったのでやっと商品化できたー!という思いです。

店長
オオカミも温めていた系なんですね。

マイ
はい。吠えている姿がかっこいいなーと思い、いつか商品化できたらと温めていたんです。でも、他の種類とのバランスや完成度などでなかなか販売までたどり着けずにいて・・・やっと「ぽれぽれ動物」としてご紹介できて嬉しいです。

店長
デザインの際のエピソードはありますか?

マイ
どうしてもイヌに見えてしまい、どうしたらいいんだー?!となった時がありました。社内ミーティングでチェックしてもらった時に、口の周りの黒いふちどりや首周りのギザギザモチーフの案をもらってそこから再検討し、やっと形になりました。

店長
そうだったんですね!デザイナーが最初から最後までデザインしているんだと思っていました。

マイ
1人だけでしていると、どうしても煮詰まったり正解がわからなくなったりするんです。思いがけない提案からさっと仕上がる事も多いので、第3者の目は欠かせません。

店長
なるほど。そうやっていろんな人の目を通って「ぽれぽれ動物」はできあがっていくんですね。

POLECLM_28-1

マイ
今回、コラム用に画像を加工していて気付いたんですが、オオカミは夕焼けが似合いますね。

店長

マイ
今回コラムの2枚のオオカミ画像。同じ日に正午頃と夕焼け頃に撮りました。正午頃に撮った方は材料のファルカタの木の白さが良く出ていますが、もう片方は・・・

POLECLM_28-2

店長
・・・茜色に染まっていますね!

マイ
そうなんです!夕焼けでほんのりオレンジがかって映っていることに画像を並べてみて気付きました。

店長
木の色が白っぽいファルカタならではですし、何よりこのポーズにぴったりですね!

マイ
思いがけない発見で嬉しくなりました。デザインについてお話させてもらえる「ぽれぽれコラム」。いつも読んで頂いている皆さまに感謝です。

店長
今後もどんな「ぽれぽれ動物」が登場するか楽しみにしています。
マイさん、本日もありがとうございました!

POLECLM_48_3

vol.47 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:夏

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

梅雨明けの青空が眩しいこのごろ。みなさまいかがお過ごしですか?
日差しの強さだけではなく、夏の予定が目白押しで脳内がちかちかしている私です。
健康に気をつけつつ、夏を楽しみたいですね。

本日のぽれぽれコラムは、夏の雰囲気に溢れていた
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ 
___________________________________

今回は2017年7月17日(月・祝)、18日(火)の2日間、計2回 開催しました。

今回は、夏らしい「シロクマ」「クジラ」「ペンギン」人気の
人気の「バク」「カメ」「ウサギ」の6種類から、ご予約の時に選んで頂きました。

みなさん揃ったところで作業スタート!

まず、彫る時にできた表面のでこぼこを数種類の紙やすりを使ってなめらかに整えていきます。

POLECLM_47_1

初参加&お一人で来られていた方も、始めは少し緊張されていたようでしたが
終わられたあとは笑顔になっていて、スタッフもホッとしました。
お母さん+お嬢様も一緒に仲良く作業されていたり。
ワークショップ常連さんも多く、みなさんに楽しく参加頂けてよかったです〜。

皆さん特に行き詰まることもなくスイスイと作業を進められていました!
ヤスリが終わってすぐにペイントされる方。
スケッチ用紙にキレイに色を塗ってから本番に移る方。など様々でした。

POLECLM_47_2

そして、、皆さんの「世界にひとつだけのぽれぽれ動物」の完成です!

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください〜

= Facebook アルバム 7/17 =

= Facebook アルバム 7/18 =

今回も、ぽれぽれコモノなどを自由に使って頂ける撮影コーナーを作りました!
ヨットや灯台など夏らしいものを揃えました。
いろいろな組み合わせや並べ方で、ワイワイ楽しく写真を撮って頂いていました。

POLECLM_47_4

作業終了後のお茶の時間にお出しした「店長オススメスイーツ」は、
「パティスリー グレゴリー・コレ」さんのレモンケーキ&クッキー。
マスカットフレーバーのアイスティーとにぎやかなお茶の時間をお楽しみ頂きました☆

 

POLECLM_47_3

できあがった作品をぽれぽれ動物と一緒に透明な袋でラッピング、お渡しして
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」は終了しました。

___________________________________

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのもワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。

今回もスタッフともども楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ご参加のみなさん、ありがとうございました!!

___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

ぽれぽれワークショップは年3回開催しています。
Facebookや店頭などでお知らせをしますので、チェックしてみてくださいね!
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができ、
初めての方も、リピートの方も楽しんでいただけるワークショップです。
みなさまのお越しをお待ちしております!!

vol.46 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 キンギョ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

みなさんは浴衣を着る機会、ありますか?
先日、社員研修ででかけた時、滞在先のお部屋に部屋着として浴衣が置いてありました。
着てみると思いのほか快適で、良いなぁとおもい帰って来ました。
帰宅後調べてみたら、
「パジャマとして着るのは、おねまき(寝間着)。
身八つ口がない筒袖で、おはしょり分の丈がなく、夏のお出かけ着の浴衣とは違う」
とのことでした。へぇ〜。そういえばそういうつくりでした。
浴衣もそろそろ新調したいですが、お寝間着を探してみようと思っています。
今日は、そんな浴衣の柄としても人気の動物(?)についてのお話です!

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
「ぽれぽれ動物 キンギョ」のデザイナー、ハルミさんに聞きました。
________________________________

店長
2017年の「ぽれぽれ動物」新作はバラエティに富んでいますが、今回はその中でも変わり種のキンギョをご紹介したいと思います。

ハルミ
2017年の新作で、キンギョが一番好きなんです〜^^ 自分でデザインしておいてなんですが、本当に良く出来てるなーって。笑

店長
キンギョを最初に見たとき「ぽれぽれ動物、攻めてるな〜〜」と思いました 笑
なぜ「ぽれぽれ動物」でキンギョを作ろうと思ったんですか?

ハルミ
ひらめいたきっかけは、奈良の大和郡山を訪れた時なんです。優雅に泳ぐ金魚を見て「ぽれぽれ動物のキンギョを作りたい!!」と鼻息が荒くなったんです!

店長
・・・目に浮かびます。 ふがふが。笑

ハルミ
大和郡山って金魚の生産が盛んなんですよね。しかも私が見た金魚は電話ボックスの中で元気に泳いでいたのでびっくり。

店長
そうだったんですね〜。 実際に作ってみて、どうでしたか?

ハルミ
デザインは苦労しました・・・。金魚といっても色々な種類がいて模様もさまざま。製作の基礎になる「模型」は何度も作り直しました。なかなか思うような形にならなくって^^;

POLECLM_46_2

店長
しっぽの彫りは、これまでにない複雑なデザインですが、作るのに難しくはないんでしょうか・・?

ハルミ
かなり慎重にデザインしたことと、試作の段階で「そこまで難しくない」と職人さんに言ってもらえたのでホッとして進めたのを覚えています。難しすぎると量産ができず商品化が難しくなるので、毎回頭をひねらせています。

店長
そうだったんですね!そんな荒波を乗り越えキンギョは商品化されたんですね。

ハルミ
完成したときは嬉しかったですよ~!苦労した分、愛着も大きいのかもしれません。

店長
すいすい〜ときもちよく泳いでいるみたいです。ほっぺがぽわんとしていてかわいい〜〜

ハルミ
全体のフォルムも気に入っていますが、おちょぼ口が笑えるポイントです。今にもぷくぷく泡が出て来そう。

POLECLM_46_1

ハルミ
「ぽれぽれ動物キンギョ」は2、3個並べるとかわいくディスプレイできます。これから夏本番なので、「ぽれぽれ動物キンギョ」で少しでも涼しくなってもらえたらと思います。

店長
涼しげな雰囲気だけではなく、「ぽれぽれ動物」のこれまでにない扉を開いたのでは?と感じます。

ハルミ
「ぽれぽれ動物」は2019年に誕生15周年を迎えます。これからも進化を続けていきたいです。

店長
どんな動物が登場するか今後も楽しみにしていますね。ハルミさん、今日もありがとうございました〜!

POLECLM_46_3

vol.45 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 オカピ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

6月。雨に濡れるアジサイの藍色を見られる季節もすぐそこです。
サクラが咲くのと同じくらい、毎年の楽しみとなっているなと気付きました。
…歳を重ねるとはこういう事なんでしょうか? 笑
楽しみな事がどんどん増えていくのって幸せですね。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
「ぽれぽれ動物 オカピ」のデザイナー、マイさんに聞きました。
___________________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物 オカピ」をご紹介したいと思います。

マイ
今日もよろしくおねがいします!

店長
まず今年の新作が「ぽれぽれ動物 オカピ」と聞いた時に、マニアックなセレクトだなーと思ったんですが・・

マイ
今回は、チャレンジしてみました 笑

店長
なぜオカピを作ろうと思ったんですか?

マイ
ちょっと前から、模様が楽しくて特徴的だからぽれぽれにできるはず!と、温めていたんです。やっとご紹介できる事になりました

POLECLM_45_2

店長
製作時のエピソードは何かありますか?

マイ
いつも通り、オカピについて研究を始めたところ、キリンの仲間だという事がわかりました。それならばとキリンをアレンジするようなイメージで進めて行きました。

店長
なるほど〜!

マイ
デザインの過程で苦労したのは、からだの模様です。本物そのままだと難易度が上がりすぎてしまうし、リアルすぎて「ぽれぽれ動物」っぽくない。何パターンも描いてみて、やっとシンプルでオカピらしいデザインにたどり着きました。

POLECLM_45_1

店長
このしっぽの辺りがセクシーですよね。

マイ
はい。私も描いていて「なんだかセクシーだなぁ」と思っていました 笑 

店長
でも、これがオカピですよね〜!

マイ
そうなんです。オカピのしっぽからおしりの辺りはこうなっていないと!なんです。

店長
PoLeToKo実店舗でも人気があって、お客様もオカピをきっかけにお話が盛り上がっていたりしていますよ。

マイ
嬉しいですね〜。オカピと一緒に多肉植物やサボテン、ドライフラワーなどを並べると、ちょっと個性的な雰囲気を作れるのでオススメです!

店長
かわいらしいだけじゃなくていろいろな子がいて良いと思うんですよ。オカピは「ぽれぽれ動物」の新たな魅力を作ってくれたなーと思います。

マイさん、本日もありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.44 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 カエル

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

5月。新緑の季節。屋外で過ごすのが気持ちいい季節がやって来ましたね。
まぶしい新緑だけでなく、雨の景色が似合うぽれぽれ動物をご紹介します!

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・カエルのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
___________________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・カエル」をご紹介したいと思います。
ハルミさん、よろしくおねがいします。

ハルミ
よろしくおねがいします!

これまでカエルは何度も挑戦しようとしていたんですが、なかなかアイデアがまとまらなかったんです。微妙な調整を繰り返し、やーっと商品化する事ができました。

店長
そうだったんですね。デザイナーチームはそれぞれ色々な動物を温めているんですね。

ハルミ
さあ決めましょうという時にアイディアが湧いて来たら良いんですが、なかなかそういうわけにはいかなくって。なんとなく気になったモチーフを日々貯めているんですよ。

店長
「ぽれぽれ動物・カエル」のデザインのポイントはどこですか?

ハルミ
全体的にポテッとしていて、ふてぶてしいところです。お腹いっぱいで満足そうな顔してますよね。

店長 
カエルの親分みたいです。笑 指で背中をつんつんしたくなります〜

POLECLM_44_1

ハルミ
今回最後まで悩んだのは目です。黒丸のぱっちり目にするか、横線にするか・・・かわいくなりすぎないようにしたかったので、横線にしました~。

店長
そうだったんですね。大きくてにっこりした口元もかわいいです。

ハルミ
毎年3月にデザイン打ち合わせなどの為にインドネシアに行くんですが、この時期は雨期なのでカエルをよく見かけるんですよ。

店長
インドネシアのカエルはどんな感じなんですか?

ハルミ
ある年はホテルのお部屋の中にとても小さな指先ほどのサイズのカエルがたくさんいた事がありました。さすがにこの時は踏まないようにお部屋の中を歩くのもハラハラ。笑 別の年は、お部屋のテラスにこぶし大の大きなカエルがドーーンといたり。

店長
こぶし大!日本ではなかなか見かけないサイズ感ですね 笑

ハルミ
カエルはいろんな種類がいて楽しいですよね。親子シリーズでもカエルがいたらかわいいなーとも思ったんですが、よく考えたらカエルの子はオタマジャクシだからカエルの大小ってわけにはいきませんよね^^

店長
そうなると、親:カエル+子:オタマジャクシ!

ハルミ
そうそう。小さなオタマジャクシが親子シリーズにいてもかわいいかも〜?などなど、日々妄想しています。

POLECLM_44_2

店長
「ぽれぽれ動物カエル」は一見ふてぶてしいですが、手のひらに乗せると気持ち良さそうにスヤスヤ寝ているみたいでかわいいな〜と思います。

ハルミ
来月からは梅雨の季節になりますが、そんな季節が快適な「ぽれぽれ動物カエル」で癒されてもらえたら嬉しいです!

店長
そうですね。PoLeToKoでもオススメしていこうと思います〜。

ハルミさん、本日もありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.43 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:5周年スペシャル

5周年スペシャル

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

この春、おかげさまでPoLeToKoは5周年を迎えることができました!
これからも皆さんに「ぽれぽれ動物」の魅力をお伝えしていきたいと願うばかりです。
どうぞ今後とも PoLeToKo ぽれぽれ動物 をよろしくお願い致しますm(_ _)m

本日のぽれぽれコラムは、5周年記念の特別な回となった
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ 5周年スペシャル☆
___________________________________

今回は2017年4月9日(日)、10日(月)の2日間、合計3回 開催しました。

今回は、PoLeToKo5周年スペシャルなので、チョイス幅を拡大!
人気の「イヌ」「ウサギ」「カメ」「ネコ」「バク」の5種類から、ご予約の時に選んで頂きました。

まず、ぽれぽれ動物の材料である木「ファルカタ」についての説明からスタートです。

制作過程の流れを見て頂いたあと、作業開始です。
まず、彫る時にできた表面のでこぼこを数種類の紙やすりを使ってなめらかに整えていきます。

POLECLM_43_2

何回目かのご参加の方で、事前にデザインのイメージ画像を準備されている方もいました。
やすりがけが終わってから、スケッチ用紙・イメージ画像・ぽれぽれの実物を見ながら、
「どうしようかな。」といろいろ頭のなかでイメージを膨らませているのがわかりました。

中でも驚いたのは、モネの絵画をそのままバクに描かれている方がいたことです!
あっという間に、芸術作品のように仕上がっていましたよ☆

小さな手編みの帽子や王冠を持参頂いた方もいらっしゃいました!
かわいい手作りの品を準備して頂いて、ぽれぽれ動物は幸せモノだなーと感じました。

皆さんご自分のペースで作業が進んでいきます。

POLECLN_43_1

そして、、皆さんの「世界にひとつだけのぽれぽれ動物」の完成です!

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください〜

= Facebook アルバム 4/9 =

= Facebook アルバム 4/10 =

今回は、ぽれぽれコモノなどを自由に使って頂ける撮影コーナーを作りました!
いろいろな組み合わせや並べ方で写真を撮って頂いていました。
「ぽれぽれコモノを使えて嬉しい!」とのお声も♪ 
ぽれぽれ動物と並べると一層かわいい雰囲気になる「ぽれぽれコモノ」の魅力が伝わったのでは?と思います。

POLECLM_43_4

作業終了後のお茶の時間にお出しした「店長オススメスイーツ」は、
こちらもPoLeToKo5周年スペシャル!
PoLeToKo店舗限定で、季節ごとの味の「ぽれぽれ焼」をいつも作ってくださっている
パティシエール「甘空(あまそら)」さんにお願いしました!

= 甘空 =

マジパンでできたかわいいぽれぽれ動物の飾りに、私たちスタッフもひとしきり盛り上がり(笑)
ゆずシロップがたっぷり入ったケーキ、サブレをお茶と一緒に楽しんで頂きました☆

POLECLM_43_3POLECLM_43_5

できあがった作品をPoLeToKoオリジナルの飴ちゃんと一緒に透明な袋でラッピング、お渡しして
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」は終了しました。

___________________________________

はじめての日曜日・月曜日開催。 
平日に来て頂けるかなぁ?と心配していたんですが、予約もどんどん頂いてほっとしました。
カップルで参加された方や、男性の姿も。
なんと、このワークショップのために愛知からお越し頂いた親子の方もいらっしゃいました。
遠方からのご参加、本当にありがとうございます!

「筆を使う事って普段ないから難しかったです〜。
目を描くときは手がふるえて、最後の最後に一番緊張する瞬間でした。
自分の思った通りにはできなかったけど楽しかったです〜」という感想も頂きました。

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのもワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。

今回もスタッフともども楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ご参加のみなさん、ありがとうございました!!

___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

ぽれぽれワークショップは年3回開催しています。
Facebookや店頭などでお知らせをしますので、チェックしてみてくださいね!
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができ、
初めての方も、リピートの方も楽しんでいただけるワークショップです。
みなさまのお越しをお待ちしております!!

vol.42 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ネズミ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

やっとサクラが開いて来て、春が来たんだな〜と実感するこのごろです。
新生活に入った方もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?

ぽれぽれ動物の2017年新作が2月から発売開始しました!
全部で6種類。みなさん、ご覧いただきましたか?
続々とみなさんのもとへ旅立っています。ありがとうございます!!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
2017年 ぽれぽれ動物 新作

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ネズミのデザイナー、マイさんに聞きました。
___________________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・ネズミ」をご紹介したいと思います。
マイさん、よろしくおねがいします。

マイ
「ぽれぽれ動物・ネズミ」やっとご紹介できて嬉しいです〜!!

店長
今年1月のコラムでも製作途中の「ぽれぽれ動物ネズミ」の画像を掲載しましたが、
改めて、こうやってデザインが固まって行くんだなーと思いました。


2017.1月コラム ぽれぽれ動物ができるまで

マイ
そうなんです。よく、デザイナーをしていると話すと「いろいろアイディアが湧いて来るんですね」と言われたりするんですが、そんな夢の様な事は起きなくって。笑

店長
そういうイメージありますね。笑

マイ
たくさん資料を見ていろいろ調べてやっと、コレ!というラインやポーズが見える事はたまにあります。また、1人で進めているとだんだん煮詰まってよくわからなくなってしまうので、他のスタッフにデザインを見てもらって、意見を聞きながら進めていきます。

POLECLM42_2

店長
すべてのぽれぽれ動物は、そういった経緯を経て新作として登場しているんですね。

「ぽれぽれ動物・ネズミ」をデザインした際のポイントはどこですか?

マイ
「ぽれぽれ動物・ネズミ」は「いたずらっ子でかわいいネズミ」を目指して作りました!ポーズが決まったあとは、背中のラインを工夫してやっとネズミらしいデザインになりました。職人さんもイメージしやすい動物だったのか試作もささっと進み、あっという間にサンプルが出来上がり拍子抜けする程でした。笑

店長
そうだったんですね。

だんだんいたずらっ子に見えてきました!

マイ
うふふ、と笑っているみたいです。

POLECLM42_1

マイ
あと、後ろ姿が好きです。チョコンと座っている感じが表現できたかなーと思っています。

店長
たくさん並べると、鼻先を合わせてヒソヒソ話をしているみたいになってかわいいです。例えばネコとネズミを並べると、また違ったストーリーになりますよね。

マイ
どんな場所にどんな仲間と置くかでもイメージが変わって楽しいですよね。みなさんのオリジナルの世界を楽しんでもらえたらいいなぁと思っています。

店長
マイさん、またぽれぽれ動物の話を聞かせてください。本日もありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA