vol.44 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 カエル

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

5月。新緑の季節。屋外で過ごすのが気持ちいい季節がやって来ましたね。
まぶしい新緑だけでなく、雨の景色が似合うぽれぽれ動物をご紹介します!

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・カエルのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
___________________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・カエル」をご紹介したいと思います。
ハルミさん、よろしくおねがいします。

ハルミ
よろしくおねがいします!

これまでカエルは何度も挑戦しようとしていたんですが、なかなかアイデアがまとまらなかったんです。微妙な調整を繰り返し、やーっと商品化する事ができました。

店長
そうだったんですね。デザイナーチームはそれぞれ色々な動物を温めているんですね。

ハルミ
さあ決めましょうという時にアイディアが湧いて来たら良いんですが、なかなかそういうわけにはいかなくって。なんとなく気になったモチーフを日々貯めているんですよ。

店長
「ぽれぽれ動物・カエル」のデザインのポイントはどこですか?

ハルミ
全体的にポテッとしていて、ふてぶてしいところです。お腹いっぱいで満足そうな顔してますよね。

店長 
カエルの親分みたいです。笑 指で背中をつんつんしたくなります〜

POLECLM_44_1

ハルミ
今回最後まで悩んだのは目です。黒丸のぱっちり目にするか、横線にするか・・・かわいくなりすぎないようにしたかったので、横線にしました~。

店長
そうだったんですね。大きくてにっこりした口元もかわいいです。

ハルミ
毎年3月にデザイン打ち合わせなどの為にインドネシアに行くんですが、この時期は雨期なのでカエルをよく見かけるんですよ。

店長
インドネシアのカエルはどんな感じなんですか?

ハルミ
ある年はホテルのお部屋の中にとても小さな指先ほどのサイズのカエルがたくさんいた事がありました。さすがにこの時は踏まないようにお部屋の中を歩くのもハラハラ。笑 別の年は、お部屋のテラスにこぶし大の大きなカエルがドーーンといたり。

店長
こぶし大!日本ではなかなか見かけないサイズ感ですね 笑

ハルミ
カエルはいろんな種類がいて楽しいですよね。親子シリーズでもカエルがいたらかわいいなーとも思ったんですが、よく考えたらカエルの子はオタマジャクシだからカエルの大小ってわけにはいきませんよね^^

店長
そうなると、親:カエル+子:オタマジャクシ!

ハルミ
そうそう。小さなオタマジャクシが親子シリーズにいてもかわいいかも〜?などなど、日々妄想しています。

POLECLM_44_2

店長
「ぽれぽれ動物カエル」は一見ふてぶてしいですが、手のひらに乗せると気持ち良さそうにスヤスヤ寝ているみたいでかわいいな〜と思います。

ハルミ
来月からは梅雨の季節になりますが、そんな季節が快適な「ぽれぽれ動物カエル」で癒されてもらえたら嬉しいです!

店長
そうですね。PoLeToKoでもオススメしていこうと思います〜。

ハルミさん、本日もありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.43 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:5周年スペシャル

5周年スペシャル

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

この春、おかげさまでPoLeToKoは5周年を迎えることができました!
これからも皆さんに「ぽれぽれ動物」の魅力をお伝えしていきたいと願うばかりです。
どうぞ今後とも PoLeToKo ぽれぽれ動物 をよろしくお願い致しますm(_ _)m

本日のぽれぽれコラムは、5周年記念の特別な回となった
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ 5周年スペシャル☆
___________________________________

今回は2017年4月9日(日)、10日(月)の2日間、合計3回 開催しました。

今回は、PoLeToKo5周年スペシャルなので、チョイス幅を拡大!
人気の「イヌ」「ウサギ」「カメ」「ネコ」「バク」の5種類から、ご予約の時に選んで頂きました。

まず、ぽれぽれ動物の材料である木「ファルカタ」についての説明からスタートです。

制作過程の流れを見て頂いたあと、作業開始です。
まず、彫る時にできた表面のでこぼこを数種類の紙やすりを使ってなめらかに整えていきます。

POLECLM_43_2

何回目かのご参加の方で、事前にデザインのイメージ画像を準備されている方もいました。
やすりがけが終わってから、スケッチ用紙・イメージ画像・ぽれぽれの実物を見ながら、
「どうしようかな。」といろいろ頭のなかでイメージを膨らませているのがわかりました。

中でも驚いたのは、モネの絵画をそのままバクに描かれている方がいたことです!
あっという間に、芸術作品のように仕上がっていましたよ☆

小さな手編みの帽子や王冠を持参頂いた方もいらっしゃいました!
かわいい手作りの品を準備して頂いて、ぽれぽれ動物は幸せモノだなーと感じました。

皆さんご自分のペースで作業が進んでいきます。

POLECLN_43_1

そして、、皆さんの「世界にひとつだけのぽれぽれ動物」の完成です!

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください〜

= Facebook アルバム 4/9 =

= Facebook アルバム 4/10 =

今回は、ぽれぽれコモノなどを自由に使って頂ける撮影コーナーを作りました!
いろいろな組み合わせや並べ方で写真を撮って頂いていました。
「ぽれぽれコモノを使えて嬉しい!」とのお声も♪ 
ぽれぽれ動物と並べると一層かわいい雰囲気になる「ぽれぽれコモノ」の魅力が伝わったのでは?と思います。

POLECLM_43_4

作業終了後のお茶の時間にお出しした「店長オススメスイーツ」は、
こちらもPoLeToKo5周年スペシャル!
PoLeToKo店舗限定で、季節ごとの味の「ぽれぽれ焼」をいつも作ってくださっている
パティシエール「甘空(あまそら)」さんにお願いしました!

= 甘空 =

マジパンでできたかわいいぽれぽれ動物の飾りに、私たちスタッフもひとしきり盛り上がり(笑)
ゆずシロップがたっぷり入ったケーキ、サブレをお茶と一緒に楽しんで頂きました☆

POLECLM_43_3POLECLM_43_5

できあがった作品をPoLeToKoオリジナルの飴ちゃんと一緒に透明な袋でラッピング、お渡しして
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」は終了しました。

___________________________________

はじめての日曜日・月曜日開催。 
平日に来て頂けるかなぁ?と心配していたんですが、予約もどんどん頂いてほっとしました。
カップルで参加された方や、男性の姿も。
なんと、このワークショップのために愛知からお越し頂いた親子の方もいらっしゃいました。
遠方からのご参加、本当にありがとうございます!

「筆を使う事って普段ないから難しかったです〜。
目を描くときは手がふるえて、最後の最後に一番緊張する瞬間でした。
自分の思った通りにはできなかったけど楽しかったです〜」という感想も頂きました。

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのもワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。

今回もスタッフともども楽しい時間を過ごさせて頂きました。
ご参加のみなさん、ありがとうございました!!

___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

ぽれぽれワークショップは年3回開催しています。
Facebookや店頭などでお知らせをしますので、チェックしてみてくださいね!
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができ、
初めての方も、リピートの方も楽しんでいただけるワークショップです。
みなさまのお越しをお待ちしております!!

vol.42 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ネズミ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

やっとサクラが開いて来て、春が来たんだな〜と実感するこのごろです。
新生活に入った方もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?

ぽれぽれ動物の2017年新作が2月から発売開始しました!
全部で6種類。みなさん、ご覧いただきましたか?
続々とみなさんのもとへ旅立っています。ありがとうございます!!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
2017年 ぽれぽれ動物 新作

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ネズミのデザイナー、マイさんに聞きました。
___________________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・ネズミ」をご紹介したいと思います。
マイさん、よろしくおねがいします。

マイ
「ぽれぽれ動物・ネズミ」やっとご紹介できて嬉しいです〜!!

店長
今年1月のコラムでも製作途中の「ぽれぽれ動物ネズミ」の画像を掲載しましたが、
改めて、こうやってデザインが固まって行くんだなーと思いました。


2017.1月コラム ぽれぽれ動物ができるまで

マイ
そうなんです。よく、デザイナーをしていると話すと「いろいろアイディアが湧いて来るんですね」と言われたりするんですが、そんな夢の様な事は起きなくって。笑

店長
そういうイメージありますね。笑

マイ
たくさん資料を見ていろいろ調べてやっと、コレ!というラインやポーズが見える事はたまにあります。また、1人で進めているとだんだん煮詰まってよくわからなくなってしまうので、他のスタッフにデザインを見てもらって、意見を聞きながら進めていきます。

POLECLM42_2

店長
すべてのぽれぽれ動物は、そういった経緯を経て新作として登場しているんですね。

「ぽれぽれ動物・ネズミ」をデザインした際のポイントはどこですか?

マイ
「ぽれぽれ動物・ネズミ」は「いたずらっ子でかわいいネズミ」を目指して作りました!ポーズが決まったあとは、背中のラインを工夫してやっとネズミらしいデザインになりました。職人さんもイメージしやすい動物だったのか試作もささっと進み、あっという間にサンプルが出来上がり拍子抜けする程でした。笑

店長
そうだったんですね。

だんだんいたずらっ子に見えてきました!

マイ
うふふ、と笑っているみたいです。

POLECLM42_1

マイ
あと、後ろ姿が好きです。チョコンと座っている感じが表現できたかなーと思っています。

店長
たくさん並べると、鼻先を合わせてヒソヒソ話をしているみたいになってかわいいです。例えばネコとネズミを並べると、また違ったストーリーになりますよね。

マイ
どんな場所にどんな仲間と置くかでもイメージが変わって楽しいですよね。みなさんのオリジナルの世界を楽しんでもらえたらいいなぁと思っています。

店長
マイさん、またぽれぽれ動物の話を聞かせてください。本日もありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

vol.41 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 コアラ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

いよいよ、ぽれぽれ動物の2017年新作が発売になりました~!
全部で6種類。種類も様々で楽しいですね。
その中から今月はコアラをご紹介します!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
2017年 ぽれぽれ動物 新作

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・コアラのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
___________________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・コアラ」をご紹介したいと思います。
ハルミさん、よろしくおねがいします。

ハルミ
コアラはデザインが新しくなって生まれ変わりました!以前のデザインはイヌに間違えられることも多かったのですが、今回は特徴をしっかり描けたなーと思い、ホッとしています。

店長
以前のコアラもかわいかったんですが、更にコアラらしくなりましたね〜

ハルミ
実は、サンプルは2年ほど前に出来あがっていたんですよ。ようやくお披露目できて嬉しい~っ!

店長
そんなに前にできていたんですね!

ハルミ
はい。かなり眠らせていました・・・

店長
デザインしている時のエピソードは何かありますか?

ハルミ
改めてコアラについて調べました。コアラって木の上ではの~んびりだけど、地面を移動するときは素早いんですよ。「えっ!そんなに早く動けるの??」ってくらい。笑

店長
コアラはいつものんびりしていると思っていました!

ハルミ
そうですよね。やっぱりコアラはこうだよねと思い、木の上でのんびりしているイメージでデザインしました。

POLECLM_40_1

ハルミ
この表情を見ていると、気持ちが「ほっ」とします^^

店長
大好物のユーカリと一緒だからご機嫌なんですね~

ハルミ
もうひとつの特徴は鼻。写真ではわかりずらいですが、鼻は立体になっています。削り過ぎに注意しないと、別の生き物になりなそうなので、職人さんに気をつけてもらっているんですよ。

POLECLM_40_2

店長
そういえば、コアラの鼻って大きくて印象的ですね。3匹並んで微笑んでいるみたいです〜

ハルミ
今回コアラの撮影をしていて、我ながらどの写真もかわいいなーとクスクス笑ってました。たくさん並べたらかわいいだろうな~

店長
耳の下がフサっとしているところもかわいいなぁ・・・話は尽きませんね。

ぽれぽれ動物・コアラはどんどん皆さんにオススメしたいと思います!ハルミさん、今回もありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

vol.40 ぽれぽれ動物ができるまで

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

冬らしい日が続いていますね。
みなさまいかがお過ごしですか?

2017年のぽれぽれ新作動物6種類が、
間もなくPoLeToKo Online Storeにも登場します!

毎年どんな動物が仲間になるのか、楽しみにしてくださっている
ファンの方も多いかと思います^^

今年もかわいい仲間がいっぱい〜!
PoLeToKo Online Storeでの発売開始は2/16(木)を予定しています。
楽しみにお待ちくださいね。

というわけで、本日のぽれぽれコラムはいつものインタビューをお休みして
「ぽれぽれ動物の新作ができるまで」をお届けします。

「ぽれぽれ動物」はどの様にしてできあがるんでしょうか?
手作りならではの丁寧さが伝わってきますよ。
___________________________________

「ぽれぽれ動物ができるまで」

1.モチーフを決め、原案を考える(約2年前)

普段の生活の中での「あ、この動物かわいい。」という一瞬から、デザインは始まります。
動物園に行った時。
テレビで見た時。
近所を散歩している子を見かけて。
ふとした場所、瞬間にデザインのヒントがあります。

デザイナーはここからモチーフを決め、アイディアを広げ原案をまとめて行きます。
いちばんその動物の魅力が伝わり「ぽれぽれ動物」らしいのはどんなデザインか?
このポーズかわいい。
顔は上向き?下向き?
色の塗り分けはどうする?

不思議なもので、動物の種類により、どこから決まっていくかかが違います。
「このポーズで!」「足の形は絶対こう!」と形から入る場合。
「真っ黒で!」と色の塗り分けから入る場合。

原案を持ち寄って会議で相談し、その年の新作何種類かを試行錯誤しながら決定します。

POLECLM_40_1

ちなみに。
2017年2月販売開始の「ぽれぽれ動物ネズミ」は2014年から構想を始めています。
何度も試作をし完成度を高めるために販売開始時期を遅らせたりしながら、
2017年の新作としてやっとみなさんにご紹介できる事になりました。
 
 
2.模型、図案をつくる(約2年〜1年半前)

動物の種類により違いますが、基本的に「原案→模型→図案」と進んでいきます。

模型は、「粘土」か「発泡スチロール」のどちらかを使って進めます。
(デザイナーによって好みがあるんです〜)
立体になった時のボリューム感は、図案だけでは推測しきれない部分があるのがなかなか難しいところです。。

でも、粘土で微妙な角度を作り直したり、
発砲スチロールを職人の気持ちになりながら削ったり、
模型作りは楽しい時間です。
 
 
3.ファルカタの木で試作をつくる(約1年半前)

図案、模型見本の写真をバリ島にある自社工房に届け、
実際の木を使った試作がスタートします。

実際に彫ってみてわかる事もたくさんあります。
かわいらしく。
作りやすく。
この二つを両立させるデザインが大事なんですよね。

POLECLM_40_4

彫りOK、塗りOK、と進め、
やっとサンプルが仕上がります。

POLECLM_40_2

思い描いたデザインが形になる瞬間は、
デザイナーにとって何ものにも変えがたい喜びですね!

いつも出来上がりを見て、自分達がいちばん
「かわいいね。かわいいね」と騒いでいます(笑)
 
 
4.本作開始(約1年前)

マスターサンプルをもとに、バリ島工房で本作を開始します。

「ぽれぽれ動物」を作ろうと動き始めた当初、これは作れないと言われ続け
やっと出会ったのが現在の工房でした。

家族で運営していた工房が、今は100人を超える職人を抱える工房になりました。
現在も難易度の低いものから順番にトレーニングするなどして、職人を育て続けています。

POLECLM_40_5
 
 
5.日本到着

約1年かけてたくさん作った「ぽれぽれ動物」は、
コンテナに乗って海を渡り、日本へやってきます。
到着後、ひとつひとつを大事に検品し、お店へ出荷する準備をします。
 
 
6.販売開始

お店に到着。
ここでようやく皆さんのもとに「ぽれぽれ動物」が届きます。

POLECLM_40_6

___________________________________

お店で。
プレゼントで。

皆さんと「ぽれぽれ動物」の出会いは、1本の木から始まった長い旅の様です。
そしてこの旅は、毎年繰り返されています。

手から手へ伝わる温もりを

「ぽれぽれ動物」を通じて感じてもらえたら嬉しいなと思っています。

vol.39 デザイナーの声:干支トリ特集

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします!

PoLeToKoは、おかげさまでこの春で5周年を迎えます。
いつもありがとうございます(´ー`)ノ
これからも、ぽれぽれ動物の魅力を皆さんにお伝えしていきます!

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
1月なので、今年の干支であるトリ商品を特集!
デザイナー、マイさんハルミさんに
PoLeToKoの干支トリ商品についてお話してもらいました!
___________________________________

ハルミ
あけましておめでとうございます!
今日は、今年の干支であるトリ商品についてマイさんと一緒にご紹介します!

マイ
あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします!

 
 

★  しあわせとり  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハルミ
毎年とっても人気の干支商品ですが、今年の顔はこの「しあわせとり」です!

マイ
ぽれぽれ動物の干支ものと、全くテイストが違うのが魅力ですね。

ハルミ
コロコロツルツルしたデザインが可愛い2サイズのしあわせとり。
きょとんとした表情がお気に入りなんです☆

マイ
赤いトサカが正面を向いているのも、なんだか素朴でかわいい…

ハルミ
LサイズとSサイズを並べると、ディスプレイしやすいと思います。
お気に入りの場所に飾ったら楽しい1年が過ごせそうですよね〜

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
しあわせトリ/L
しあわせトリ/S
 
 
 
★  えとシリーズ とり  ★

poleclm_39_3

マイ
てのひらにコロンと乗るサイズ感がかわいい「えとシリーズ とり」。
小さいながらも、存在感があります。

ハルミ
トサカもあるし、ぽってりしたトリらしい丸みがかわいい…

マイ
それぞれの干支をおみやげに、と購入するお客様も多いとか。

ハルミ
自分の干支をもらうと「おまもり」をもらったみたいで嬉しいですね〜!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
えとシリーズ とり
 
 
 
★  えとストラップ とり  ★

products7_slice

マイ
「えとシリーズ とり」をさらにもう一回り小さくし、
ストラップにしたのが「えとストラップ とり」です。

ハルミ
これも、もらったらうれしい〜!

マイ
これからの時期は環境が変わるタイミングでもありますよね。
感謝の気持ちを込めたプレゼントにもオススメです〜!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
えとストラップ とり
 
 
 
★  ぽれぽれ親子セット ニワトリ  ★

poleclm_39_2

マイ
ぽれぽれ親子セットのニワトリをご紹介します!
立派なトサカのパパ雄鶏と、ころんとかわいいヒヨコのセットです。

ハルミ
親子セットは、いろいろな配置に置けそうですね。

マイ
そうですよね!パパ、待って〜!と言う感じでヒヨコが追っかけている感じが好きです。

ハルミ
ストーリーが感じられ、なんともいえないほのぼの感がありますよね〜。

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
ぽれぽれ動物親子セット ニワトリ
ぽれぽれ動物 トリ(親子セットの親のみ・限定数限り!)
 

___________________________________

マイ
いかがでしたか?
PoLeToKoのトリ商品はナチュラルな雰囲気なので、新年だけではなく普段にも飾って頂けます。
きょとんとかわいいお顔のトリたちは、眺めているだけで和むと思います。

ハルミ
いつもぽれぽれコラムを読んで頂きありがとうございます!
今年もかわいいぽれぽれ動物たちを作っていきたいと思います。

マイ
PoLeToKoコラムだけではなく、各SNSでぽれぽれ動物の魅力をお伝えしています。
ぽれぽれ動物と暮らす毎日を一緒に過ごしませんか?

Facebook

Twitter

Instagram

ハルミ
ぽれぽれ動物は手作りなので、それぞれちょっとずつ表情が違うのも魅力的です!
お近くにお越しの際は、ぜひPoLeToKo店頭でご覧くださいね。

PoLeToKo

vol.38 デザイナーの声:クリスマス特集

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

街はすっかりクリスマスムードですね〜!
皆さん、クリスマスの準備は進んでいますか?
最近はシュトレン(ドイツのクリスマス菓子パン)をいろんなお店で見かける様になり
シュトレンとワインの組み合わせが大好きな私はうれしい限りです。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
12月なので、クリスマス商品を特集!
クリスマス商品のデザイナー、マイさんハルミさんに
PoLeToKoのクリスマス商品についてお話してもらいました!
___________________________________

マイ
みなさん、こんにちは!
今日は、今年のPoLeToKoクリスマス商品をハルミさんと一緒にご紹介します!

ハルミ
今年も楽しい季節がやってきました〜
それでは、順番にご紹介していきますね。

★  HAPPYクリスマス  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハルミ
今年新登場の「HAPPYクリスマス」シリーズは、
どの子もお腹がふっくらしているのが特徴です。
見ているだけでHAPPYな気持ちになれるシリーズになればと思い制作しました。

マイ
みんなきちんと姿勢良くシュっと立っているのも微笑ましいですよね〜

ハルミ
サンタとスノーマンの帽子が少し斜めになっているのも可愛いポイントなんです!
微妙すぎてわかりずらいかもですね。

マイ
細かい所ですけど、こういうちょっとしたディテールが雰囲気を作るのだなぁと思います。
のんびりと幸せな気分になってきます〜

ハルミ
一番小さなシロクマは、クリスマスが楽しみ過ぎて
トナカイの角が引っ付いたフードをかぶっちゃってます。

マイ
あぁ、かわいい〜〜

ハルミ
シリーズすべてを飾るのはもちろんですが、1種でも、2種でもどの組み合わせでも
クリスマスらしいディスプレイになると思います!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
HAPPYクリスマス/サンタ
HAPPYクリスマス/スノーマン
HAPPYクリスマス/シロクマトナカイ

★  シロクマサンタ  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハルミ
毎年人気のシロクマサンタシリーズの新作ができました!

マイ
プレゼントのリボンがハート型になってる〜!

ハルミ
こんなに可愛いプレゼントを、このシロクマサンタは誰にあげるんだろう?と
自分でデザインしておいて、想像して楽しんでいます☆

マイ
シロクマサンタシリーズは、ひもで繋がっているそりを動かせるので、
いろいろなシチュエーションを思い浮かべる事ができて楽しいですよね。

ハルミ
もう一つはソリにサンタがちょこんと乗ってます。
サンタがサンタを連れています 笑

マイ

ハルミ
プレゼント、サンタ。
どちらもニッコリできるデザインになってよかったなぁと改めて感激しています!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
シロクマサンタ/ハートプレゼント
シロクマサンタ/サンタ

★  なみなみクリスマスツリー  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイ
針葉樹の森に雪が降っているところをイメージしました。
ちょっと大人っぽく落ち着いた雰囲気に仕上がりました!

ハルミ
どのクリスマス商品と組み合わせても、相性が良いと思います〜

マイ
そうですよね。
サイズを変えて、ツリーだけをずらっと並べるのもかわいいのでオススメですよ。

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
なみなみクリスマスツリーM/グリーン
なみなみクリスマスツリーL/グリーン

★  クリスマスぽれぽれ  ★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイ
毎年人気のクリスマスぽれぽれシリーズ! 今年はこの5種類です。
白い部分は木目が見える薄さで塗っているので、木の質感が伝わって来ます。

ハルミ
毎年、「今年はどの子がクリスマスバージョンになるのかな?」と楽しみなんです〜

マイ
この水玉帽子をかぶっている姿がどこか誇らしげに見えて来ます!

ハルミ
みんな、水玉の帽子が本当に良く似合っていますね。

マイ
クリスマスギフトにちょこんと添えてもらえると嬉しいです!

PoLeToKo Online Storeで販売中! ↓
クリスマスぽれぽれ/バク
クリスマスぽれぽれ/カメ
クリスマスぽれぽれ/ネコ
クリスマスぽれぽれ/アキタイヌ
クリスマスぽれぽれ/クジラ

PoLeToKo Online Store、PoLeToKo店頭では、以前のクリスマスぽれぽれも販売中! ↓
クリスマスぽれぽれ/リス
クリスマスぽれぽれ/ペンギン
クリスマスぽれぽれ/ポニー
クリスマスぽれぽれ/キリン
クリスマスぽれぽれ/ロバ

___________________________________

マイ
いかがでしたか?
PoLeToKoのクリスマスは、木の柔らかさが伝わって来る商品ばかりです、
クリスマスの温かな雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。

ハルミ
何とも言えないやさしいお顔の商品ばかりです。
大事な方へのプレゼントに。
1年頑張った自分へのプレゼントにいかがでしょうか?

手作りなので、それぞれちょっとずつ表情が違うのも魅力的です!
お近くにお越しの際は、ぜひPoLeToKo店頭でご覧くださいね。

poleclm_38_05

vol.37 ぽれぽれ動物手作りワークショップ:イヌ、ネコ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

日に日に冬らしくなっていくこの頃ですね。
昨日の夜、どこからか「や〜きいも〜〜」と焼き芋を売る声が聞こえて来ました。
みなさまいかがお過ごしですか?

本日のぽれぽれコラムは、11/6日曜日に開催した
「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」についてお伝えします。
___________________________________

「ぽれぽれ動物手作りワークショップ」とは?

“世界にひとつのぽれぽれ動物を作ってもらおう!”という事で始まったワークショップです。
PoLeToKo実店舗の2階にあるレンタルスペース&ギャラリー「2nd SPACE KOBE」にて
不定期に開催しています。

粗彫りのぽれぽれ動物を、表面がなめらかになるまで紙やすりで擦ったあと、
ご参加の皆さんのオリジナルデザインで色を塗ったりデコレーションしたりして、完成させます。
作業終了後は店長オススメのお菓子+お茶の時間もあり、楽しい時間をお過ごし頂いています。

世界にひとつのぽれぽれ動物を作ろう! ぽれぽれ手作りワークショップ

___________________________________

今回のお題は「イヌ」または「ネコ」。
第1部・第2部の2回開催しました。

「イヌ」「ネコ」は以前にもワークショップをしたことがあったんですが、
前回のワークショップ時に
「ほんとはイヌがやりたかったんです!」「ネコの時、満席で参加できませんでした」
などのお声を頂いていたので、今回は「イヌ」「ネコ」に決定し、
ご予約の時に選んで頂くことにしました。

まず、ぽれぽれ動物の材料である木「ファルカタ」についての説明からスタート!

制作過程の流れを見て頂いたあと、作業開始です。

poleclmn_37_1

彫る時にできた表面のでこぼこを数種類の紙やすりを使ってなめらかに整えていきます。

1,2部とも小学生のお子さんが参加されていましたが、
特に塗りの行程での集中力が素晴らしかったです!
紙やすりの行程では力がうまく入らなかったのかお母さんに手伝ってもらっていましたが
塗りの行程に入ると、自分の思ったデザインを表現しようと頑張っていました☆

他の参加者の方の塗り方に興味を持ったり、1階PoLeToKoに何かを見に行ったり、、
いろいろ情報を集めに動いているのが印象的でした。
自主的に楽しんで参加してくれていて、嬉しくなりました。

poleclmn_37_3

ぽれぽれ動物を作成する時に、みなさん一番緊張(?)されるのが「目」の塗装。
目の位置やデザインでガラリと印象が変わるので、一番集中する瞬間です。
見ているこちらも息が止まるほど・・・

おすすめは、竹串の尖っていない方に絵の具を付けて、ハンコのように軽く押すときれいな丸が描けます。
予想と違ったとしても、修正できる場合が多いのでどんどんチャレンジして欲しいです!!

poleclmn_37_4

そして、完成!!

作品は透明な袋でラッピングしてお渡ししています。
PoLeToKoオリジナルの飴ちゃんつき♪

終了後のアンケートでは、
「むずかしかった所もあるけど絵の具をぬる所が楽しかったです」(小学生の女の子)
「またやりたいです」(小学生の男の子)
「2時間で素敵な作品が出来たので、また他の動物もしてみたいです」
「毎回とても楽しいです!」
「とても楽しかったです!久しぶりに筆を作って色を塗れて充実した日になりました。」
「念願の猫ちゃんが作れたので楽しかったです」
「アキタイヌやりたくて待ってました♡また参加させてください」
などなど、嬉しいお声を頂きました!

また、今後のワークショップで作ってみたい動物のリクエストも頂きました!
「ぽれぽれ動物」はついつい仲間を増やしたくなるんですが、
ワークショップで作ったオリジナルのぽれぽれ動物を増やしていくのも楽しそうですね。

3姉妹で参加された方、親子、お一人さまと
みなさん、それぞれの想いを込めて制作されていました☆
お話を伺うと、いろいろとこだわりがつまっていて、、
できあがったみなさんのオリジナルぽれぽれ動物は、
縁起が良さそうな色合いや、ふんわりやさしいお顔ばかりでした。

皆さんの作品をアルバムに掲載しています。ぜひご覧ください!

☆(Facebook アルバム)

普段の生活の中ではなかなか作れない、集中した時間を過ごして頂けるのも
ワークショップの魅力です。
手のひらの中で、どんどんできあがっていく様子は言葉にならない感動があります。
さらっとしたファルカタの木の白さ、質感、あたたかさを感じて頂けたのでは?と思います。
スタッフともども楽しい時間を過ごさせて頂き、みなさんありがとうございました!
___________________________________

ちなみに。
作業終了後のお茶の時間にお出しした「店長オススメスイーツ」は、
「ペリ亭」さんのバターケーキとクッキーのセットでした!

☆ ペリ亭(食べログのページ)

集中した後のスイーツは体に染みます〜
ペリ亭さんはケーキもとても美味しく、個人的に大好きなお店でオススメです☆

poleclmn_37_2
___________________________________

たくさんの職人の手をつなぐ様にして仕上がっていく、ぽれぽれ動物。
ワークショップでも、たくさんの手に包まれていました。
自分の手で仕上げた世界でたったひとつのぽれぽれ動物は、きっと宝物になるはず。

ぽれぽれワークショップは年3回開催しています。
Facebookや店頭などでお知らせをしますので、チェックしてみてくださいね!
ぽれぽれ動物の魅力を実感することができ、
初めての方も、リピートの方も楽しんでいただけるワークショップです。
みなさまのお越しをお待ちしております!!

vol.36 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ナマケモノ

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

「そっか、もう11月なんだ・・・」と、毎年思うんです。時間が経つのは早いですね。
秋だなぁと思っていたところなのに、もう冬がやってきますね。
冬を待っているこの時期の、毛布を干したり暖かい服を引っ張り出したりする冬支度が好きです。
旅行の準備を旅支度と言ったりもしますよね。
あれこれ考えながら、準備している時間も楽しんで過ごせたらと思います。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ナマケモノのデザイナー、マイさんに聞きました。
__________________________________

店長
こんにちは。本日は「ぽれぽれ動物・ナマケモノ」をご紹介したいと思います。
マイさん、よろしくおねがいします。

マイ
よろしくおねがいします。

店長
なぜ「ナマケモノ」を作ろうと思ったんですか?

マイ
特徴がはっきりしているので、ぽれぽれ動物で作れるんじゃないかな?と以前から気になっていた動物でした。しばらくあれこれ考えていたんですが、商品化できずにいました。

店長
ぽれぽれ動物ナマケモノは、独特の形をしていますよね。

マイ
いつだったか、ゆらゆらと木にぶら下がっているナマケモノをテレビで見て、これだ!!と、シルエットが浮かんだんです。それがこの形です。

poleclmn_36_2

店長
木にぶら下がっている時間が長いナマケモノらしさが出ていますよね。

マイ
そうなんです!ぶらさがっていないとナマケモノにならないよなーと。背中の面で立つ状態なら作れる!と思いつき、すぐ近くにあった紙に鉛筆でシルエットを描いたのを覚えています。

店長
今までのぽれぽれ動物にはなかった形ですが、製作にあたり大変ではありませんでしたか?

マイ
まず、実際に製作できるかどうか心配でした。でも、鉛筆で描いた絵をもとに模型を作ってみた時に「これは作る事ができるんじゃないか?」と感じることができたので、デザインを進めて行きました。

店長
ふむふむ・・

マイ
工房の職人さんが頑張ってくれて、さっと試作ができあがってきたんです。感動しました。販売開始前の出張の時に、製作中の工房で並んでいる所を見た時も、とても感動しました。

poleclmn_36_2

店長
そうだったんですね・・産まれる瞬間は「感動」なのですね。

マイ
はい。ぽれぽれ動物ナマケモノは商品として出来上がった事がとても嬉しかったです。ちょうどぽれぽれ動物10周年の年に販売開始でしたし、自分の中でもブレイクスルーした瞬間を実感できたからだと思います。

店長
やりがいを感じる瞬間ですね。

マイ
そうですね。ぽれぽれ動物をデザインしていて幸せなのは、ころんと手のひらに乗る感触を感じられる事です。平面で描いたデザインが立体になり、手のひらの中に現れる過程は本当に楽しいです。

店長
現在45種類あるぽれぽれ動物が、それぞれこうして産まれて来たかと思うと感慨深いですね。お客様に、ぽれぽれ動物と出会う幸せをもっと感じてもらえるお店づくりをして行きたいなと思いました。

マイさん、本日もありがとうございました!

poleclmn_36_3

vol.35 デザイナーの声:ぽれぽれ動物 ペリカン

こんにちは!PoLeToKo Online Store店長です。

しとしと。雨模様が続くのは秋らしいといえばらしいのですが
高い空にうろこ雲、そんな秋空が恋しいです。
毎年、あっという間に過ぎてしまう秋。
文化に触れ美味しいご飯を頂き、めいっぱい楽しみたいですね。

本日のぽれぽれコラムは、「デザイナーの声」をお届けします。
ぽれぽれ動物・ペリカンのデザイナー、ハルミさんに聞きました。
__________________________________

店長
今日は、ぽれぽれ動物ペリカンについてお話したいと思います。
ハルミさん、よろしくおねがいします!

ハルミ
よろしくおねがいします!

店長
ぽれぽれ動物ペリカンを作る時に、こだわったポイントはどこですか?

ハルミ
ぽれぽれ動物のペリカンは「コシグロペリカン」という種類のペリカンなんですよ。
腰の部分が黒いからこの名前がついたんだろうなーと1人でニヤニヤしながら制作を楽しんでいました。

店長
そう言われてみると、ペリカンの腰から下、黒い!!

ハルミ
他のスタッフも知らないエピソードです。

店長
私も初耳でした〜!

poleclmn_35_1

ハルミ
ぽれぽれ動物の種類は最終的に打ち合わせで決定するんですが、1人で楽しんでるポイントも結構あるんですよ。

店長
そうですよね。最初の候補を何にするかはデザイナーのお二人に託されているとか。

ハルミ
打ち合わせの場に出すまで検討研究しているうちに、どんな動物も魅力的なポイントがみつかるんですよ。ペリカンは、後頭部のとんがりがお気に入りです!

店長
おお〜!

ハルミ
ちなみにコシグロペリカンの生息地はオーストラリアなのでカンガルーに続きオーストラリアの動物が増えて喜んでもいたんですよー。

店長
やっぱりペリカンについて、詳しいですね〜!

ハルミ
はい。自然と詳しくなっていくんですよ。なので、テレビに映ったり動物園で見ると、愛おしくてついじーっと見入ってしまいます。笑

poleclmn_35_2

店長
ところで、オーストラリアと言えば、コアラですよね!

ハルミ
はい。ぽれぽれ動物の仲間にもコアラはいたんですけど、訳があって廃盤になりました。ぽれぽれ動物は全て手作りなので、製作上の理由から継続が難しく廃番になったり、デザインを少し変えて復活することもあります!

店長
またいつかコアラも復活できたらいいですね☆

ハルミ
もしかしたら、みなさんのお手元にあるぽれぽれ動物もレアで貴重な「ひとつ」になるかもしれません。

店長
そう思うと、ひとつひとつのぽれぽれ動物に更に愛着が湧きますね。
ハルミさん、今回もありがとうございました!

poleclmn_35_3